忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/16 21:38 】 |
良く分からない魔術入門
第二の職を魔弾術士に変えて早一月弱。
七臥は未だに首を傾げていた。

魔術の基礎を学んだ。呪文も覚えた。
炎や雷を呼び、魔力を取り込む術も身に付けた。

だが、足りない。
初級者向けの魔術書には、それに関しての記述が存在しない。

「……何故」

顎に手をやり、考え込む仕草で項をめくる。


数刻後、再び口を開く。



「何故、炎と雷は出来ても氷は出せぬのだ?」


――中々諦めの付かない七臥であった。
PR
【2008/02/17 01:31 】 | 七臥 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<超必殺技伝授 | ホーム | 蜘蛛草紙:2>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]