忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/16 21:40 】 |
充の一日(七臥)
がりがりがり。



さらさらさら。



墨を摺り、筆を持ち……今日の予定を書き出す。七臥の一日が始まった。
七臥充は寮暮らしである。

それもそのはず、元鋏角衆、まして生家は遥か北。

収入も無く、仕送りも無論存在せず、食事もままならぬ毎日。

学園の寮を選ぶのは他に選択肢が無いからである。



学園が提供するのは衣食住のうち食と住だ。

……とは言え、食はギリギリの線ではあるのだが。

だからと言って野に駆けそこらの鳥獣を狩って食べる訳にはいかない。

常識的によろしくないと先生が言っていた。



「……」



大きく腹の虫が鳴いた。

鋏角衆だって腹は減る。筆を水で洗い、乾いた半紙を畳んで胸ポケットに入れると、七臥は部屋を出た。





///////////////////////////////////



「で」

「ふむ?」



「なんでここに来てるのよッ!?」

「いや、食事を」

「出てけーーーーッ!」



茶渡妹に朝食を分けて貰おうとしてみたが、あえなく撃退。

だが投げつけられた食パンは朝食に足るものだった。



/////////////////////////////////////



始業のベルが鳴る30分前には既に着席している。

やっと近代の筆記用具にも慣れてきた。特に筆ペンは便利だ。墨を用意しなくて良い。



黙想にふけていると、生徒の数も増えてきた。

今日も授業が始まる。



///////////////////////////////////////



「七臥。この訳は?」

「皆目分かりません」

「……もう少し考えてから答えろ。まあいい、誰か分かる奴」



英語は苦手だ。



///////////////////////////////////////



昼休み。

また食の危機が迫る。

日々、他生徒からの寄付で食いつなぐのは流石にこう、矜持というものがあるので宜しく無い。



今日は昼食を抜く事にする。



/////////////////////////////////////



午後の授業は腹が減ったので余り覚えていない。



////////////////////////////////////



「ハラペコキャラ」

「……?」

「何でもない。ほら、やるよ」



クラスメイトから飴を貰う。甘い。

何とか寮に戻れそうな気がしてきた。



///////////////////////////////////



いい加減何か金を稼ぐ手段を見つけなければいけない。

このままでは来訪者やゴーストに殺される前に、餓死してしまう。



そう思いつつ、PMGで茶菓子を食べる七臥。

片手にはバイト情報誌。
PR
【2007/12/06 00:07 】 | 七臥 | 有り難いご意見(4) | トラックバック(0)
<<蜘蛛草紙:1 | ホーム |
有り難いご意見
クラスメイトと気づいたのは最近でした
(そっと鍋いっぱいのおでんと、おにぎりを置いていった。)
【2007/12/11 05:27】| | 村松 #99afc145cc [ 編集 ]


(拝んでいる)
(もぐもぐもぐもぐもぐ)

……(ぴた)

(おにぎりは次の昼に食べることにしたらしい)
【2007/12/14 02:57】| | 七臥 #986cf9f180 [ 編集 ]


リンク貼ってもいいでしょうか~?
(育ての親の親類から送られてきた魚介類を置いていった)


メモが貼ってある……
「背後は終戦を迎えたようです」
【2008/02/13 21:29】| | 絢音 #99bccaeb5e [ 編集 ]


うむ
構わぬ、が。
【2008/02/15 23:34】| | 七臥 #984cced1af [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム |

忍者ブログ [PR]