忍者ブログ
  • 2017.03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/04/28 20:58 】 |
欧州戦線異常無し(1)
七臥は鋏角衆である。

将ではなく兵。
人ではなく蜘蛛。

土蜘蛛の将に仕える尖兵。
土蜘蛛ではなく、その出来損ない。

日本にその居を据える土蜘蛛一族、まして先日まで封印の身であれば――



飛行機のようなものは、初めて見る訳だ。
PR
【2008/06/25 02:01 】 | 七臥 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
超必殺技伝授(ボーナスステージ)
せーの。


「ナナフシフレイム!」




いや、まさか締めで使われるとは思わなかった。
……うむ。なんとなく気に入ったのでこれからも機会があれば使うとしよう。
【2008/03/23 03:46 】 | 七臥 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
超必殺技伝授
……いや、依頼に参加してみたのだが。

必殺技とか叫ぶらしいのだが。
ふむ。
【2008/03/11 00:56 】 | 七臥 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
良く分からない魔術入門
第二の職を魔弾術士に変えて早一月弱。
七臥は未だに首を傾げていた。

魔術の基礎を学んだ。呪文も覚えた。
炎や雷を呼び、魔力を取り込む術も身に付けた。

だが、足りない。
初級者向けの魔術書には、それに関しての記述が存在しない。
【2008/02/17 01:31 】 | 七臥 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
蜘蛛草紙:2
充と名付けられた蜘蛛童は、里山を駆け回り、少女と共に成長していった。

里に暮らす土蜘蛛の、他の蜘蛛童達と同じ様に育ち、やがては土蜘蛛としてこの里の一員となる。

それは、少女が毎日のように聞かせる話だった。
【2008/01/20 04:11 】 | 七臥 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]